オリジナル絵本の製本サービス エホンリー

Case1:子どものためにオリジナル絵本をつくりたい

まだ幼い子どもにとって楽しいのは、お話をしてくれる時間そのものです。
そういう意味では、いちばん身近な存在のお母さんやお父さんが聞かせてくれるお話は、どんなロングセラー絵本にも勝るかもしれません。

オリジナルの創作というと、すごくハードルが高い気がしますが、例えば絵本を読んで聞かせた後に、子どもの「それからどうなったの?」に促されて、物語の続きを考えたことはありませんか。
あるいは反対に、子どもがどんどん勝手にお話をつくっていく想像力に感心したことは。

そういう創作のタネを集めて、1冊の絵本ができたら、それはとっておきの宝物になると思います。
絵が得意じゃなければ、子どもと一緒にお絵描きしても楽しいですし、絵本づくりを通じて親子の時間が増え、大切な思い出ができれば最高です。


クリエイターズインタビュー

お名前:札場明日香さん
製本タイプ:32Pハードカバー絵本


製本しようと思ったきっかけ

2歳の誕生日から毎年、手づくり絵本を娘にプレゼントしていました。たとえ上手でなくても、世界に1冊だけの心のこもったものが作りたかったからです。
でも、自分で製本することは難しくて、大きくなってもきれいに残してあげられる方法があればいいなと思っていました。

futaba02

製作期間について

1カ月半くらい。もう少し余裕を見て作れば良かったです。

実際に絵本を手にとってみて

本当に感激しました。娘も売り物みたいだと大喜びで、宝物がひとつ増えたと言ってくれました。
娘はもう小学生なので、読み聞かせをすることはあまりなくなってきたのですが、娘が本を読んでいると、後ろからのぞきこむようにべったりくっついて一緒に読んでいます。
いつもは鬱陶しがられるのに、そのときは小さい頃の顔に戻るので、私の顔も声も優しくなっている気がします(笑) 絵本マジックですね!

futaba01

制作で楽しかったこと、大変だったこと

制作中に娘にお話を聞かせながら反応をみて物語を作っていく過程が楽しかったです。
話だけで泣いてくれたことは忘れられない思い出に。データ入稿は難しかったです(笑)